補正下着で理想の体を手に入れよう|美しい見た目は日々の管理が大切

低体温は病気の元

笑っている女性

現代では空調などの設備が発達し、年中快適な温度で過ごすことができるようになりました。しかし、それは良いことばかりではなく、悪いこともあります。日頃からクーラーや暖房を使うことによって、本来人間の体に備わっている体温調節機能が退化してきているのです。夏であればとことん体温が上がり、冬であればとことん冷めるようになってしまったのです。そういった機能低下により、平均体温は昔と比較すると約1℃ほど下がったと言われています。体温が1℃下がると免疫機能はなんと30%も低下すると言われています。つまり、平均体温が下がることで病気になりやすい体質になってしまうのです。そこで、温活という体を温める活動に注目がおかれています。平均体温は36.5℃から37℃が理想とされています。温活にはいくつか種類があるので、ここでそれぞれの方法について説明してきましょう。
温活の1つに足元を温める方法があります。足は心臓が最も遠い部分に当たるため最も冷えやすい部位です。温める方法としては、単純に靴下を履くというものです。それによって結構がよくなり、全体的に体温も上がります。次に首周りを温める方法です。首周りは特に太い神経が集中している場所であるため、そこを温めることで体全体に温まった血液が循環して温まります。首・手首・足首、ウエストを温めると効果的とされています。他にも体を温める方法が複数あり、ネットにいくつもの方法が紹介されているので、調べてみましょう。